ありがとうの輪を広げましょう

ネギボーのありがとうBlog

カメラ デジモノ

「Nikon COOLPIX P900はやっぱりおもしろいカメラである」と思う購入1年数ヶ月後レビュー 〜出会い編〜

更新日:

スポンサーリンク




2015年3月19日に発売されるやいなや、メーカーの予想を遥かに越えて爆発的に売れたネオ一眼レフカメラであーる。

詳しいスペック&機能の紹介はNikon様のHP↓↓↓にお任せです。

http://www.nikon-image.com/products/compact/lineup/p900/

カメラ大好きネギボーはこのCOOLPIX P900と1年ちょいを共に過ごした事をお伝えします。

COOLPIX P900との出会い

SONY a7+キットレンズで平凡なカメラライフを送りながら、念仏の様に唱えていました。

望遠レンズが欲しい!!

キットレンズは28ミリ〜70ミリなので動物園とかでは物足りなすぎて凹みます。

ネット、電気屋さんにて物色開始。

高っ!!

レンズ

高っ´д`

どれもこれも10万円オーバー気味。

写真は富裕層しか楽しめない時代になったのか...。

いやっ!!

写真は庶民も楽しめるはず(♯`∧´)

と諦めずにリサーチしていたら...。

レンズの半分位の値段でレンズよりも望遠域を撮れるカメラがあるやん!

ネオ一眼レフというワードとyoutubeでのカメラレビューから見つけたこの動画でした。


最初見た時、ぶったまげました。なんじゃこりゃ〜って。今見ても血が騒ぎます。

そして

このネオ一眼レフ望遠カメラのジャンルを各社が競いあってる事を知り、その中でも群を抜いて望遠に特化したモデルが発売されたとの事。

それがCOOLPIX P900でした。

COOLPIX P900とのすれ違い

とにかくネット、各店舗売り切れゴメン!!の嵐。予約注文しても納期は未定、もしくは2〜3ヶ月。

思春期の片想いの恋...

を思い出しました。

叶わぬ恋と思いながらも何度も電気屋に顔を出して、展示機に触れました。

「いつ、こっちを振り向いてくれるんだい?」と愛しの恋人へ語りかける日々。

ネットでは価格をつり上げて転売する輩も登場。雑誌にも紹介されて、もはやヒット商品街道

ぶっちぎりなCOOLPIX P900でした。

急展開

発売から2ヶ月が経過し、未だ納期未定が続く市場。半ばあきらめかけながらいつもの電気屋行脚。この頃には展示機に触ることはなく目視だけでした。

そんなテンションで電気屋の入口に差しかかり、目に入った告知ポスターにカラダがしびれました。

Sketch201133832【再現ポスター】

なななに〜!!

そんな急に来られてもなんの準備もできてないし、この後、予定もあるし...しかも2台。

直感的にこれを逃すとダメだ。というのとこのタイミングだ!

というわけでこの直感に素直に従い、店員に取り置きをお願いして銀行へダッシュしたのであった。

あまりに急な展開だったので夢見ごごちでした。

この時、この瞬間にこの告知ポスターを見てなかったら、後に数ヶ月の間、待つ事になっていた。実際ネギボーが会計中にもう1台売れて品切れになっていた。

この記事を書いている今、思い出すとホントラッキーだったなぁと思います(。-_-。)

あのタイミングに...

ありがとう!感謝!

imageレジカウンターに姿を現した時に、興奮しながらパチリ!

image家に持ち帰り、満足感Maxでパチリ!

 

この急展開な出会いを経て、購入後1年数ヶ月経った現在も活躍してくれているCOOLPIX P900でした。

「続」

今回の記事は〜出会い編〜でした。

お次は「Nikon COOLPIX P900はやっぱりおもしろいカメラである」と思う購入1年数ヶ月後レビュー 〜触れ合い編〜に続きますー_φ(・_・

2016年6月現在のCOOLPIX P900の様子です。引き続き望遠No.1の地位を保ってます。http://kakaku.com/item/K0000749556/

 

ここまで読んで頂きまして。

ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カメラ, デジモノ

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 AllRights Reserved.