バイク

排ガス規制により【YAMAHA】の名のあるバイクたちが去っていく

投稿日:

スポンサーリンク




ネットで【YAMAHA】のバイク数車種が製造終了とのニュースを見て衝撃を受けました。

その名前たるもの…

YAMAHAの主役、準主役級の車種たちばかりではないですか。

 

まじか〜。

 

時代の流れとはいえ。

厳しいですね〜。

ちなみに。

今回の衝撃の生産終了車種はこちら↓↓↓

SR400
セロー250
ドラッグスター400
ドラッグスタークラシック400
トリッカー
マグザム
VOX デラックス
アクシス トリート
BW'S

引用 Yahoo!ニュース

売れ線だったモデルばっかりじゃないか~ 😯

セローとかトリッカーなんて購入直前までいった車種だし、アクシスはその昔に90㏄バージョンには乗ってたし、VOXデラックスも50㏄以上の車種があれば絶対に乗りたい一台だし、BW'Sだって大好きなスタイルだし...

と名残惜しい車種だらけであります。

とまぁこの残念なニュースだけを見て思うことは。

 

排ガス規制ウザイ!!

ただでさえ縮小気味な二輪業界をさらに絞め付けてどーすんじゃい!!と排ガス規制に知識のないネギボーは思ってしまいます。

クルマの排ガス規制は何となく理解は示せます。ディーゼル車の黒煙にはうんざりしているので...

ミーヤキャットくん
なんか言っている意見が二輪ひいきなだけな気がするぞ...
シャドーネギボー
おっしゃる通り。ごめんなさい。

そうか~。今後もどんどん厳しくなっていく模様です。

各メーカーさんはほんと大変だろうなぁ。

我々ユーザーとすれば新しいモデルが出るという楽しみもあるけど。

同時に。

価格も跳ね上がる!!

2017年9月現在の我が愛車【HONDAベンリー110】も5年目に突入しました。

いろんなところに連れて行ってくれる頼もしい相棒です。

終わりがあれば始まりもある

きっと排ガス規制に対応した新型バイクも出てくるのと思うので、その情報にドキドキさせてもらおうと思っています。

特に【SR400】とかはこれで終われる車種じゃないですもんね 😮

【トリッカー】もコアなファンが多いモデルだから存続してほしいですね。

今回は【YAMAHA】のニュースだったけど、他のメーカーの名車たちも餌食になるんだろうなぁ。

いち消費者ができること

自分が気にいったモデルが出たときに。

 

そのバイクを買う。

 

多大な開発費を投じて新型モデルを出してくれる各メーカも、市場の動向にはドキドキもんなはず。

その思いに答えたい!!

まさに清き一票ですよね~。

そんな風に思うネギボー(@negiboarigatou)でした。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

こんな記事もありますよ


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ネギボー

ネギボー

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。ネギボーです。
また来てもらえるようなBlogを目指して楽しみながら書き続けていきます。

-バイク

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 All Rights Reserved.