バイク

街中で見たSUZUKI【BARGMAN400】がカッコよかった話

更新日:

スポンサーリンク




バイク大好きネギボーです。ここ最近は街中でニューモデルを見て、その存在を知り、「いいなぁ~」と思う事が多いんです。

今回もそんな一件でございます。

SUZUKI【BARGMAN400】

画像 SUZUKI HP

SKYWAVE400をグローバルネームに統一してフルモデルチェンジした模様。

その昔SUZUKIの【SKYWAVE650】に乗ってたこともあり、SUZUKIのビッグスクーターの利便性には惚れているネギボーです。

スズキ株式会社は、エレガントなスタイリングと快適性、充実した収納、動力性能を兼ね備えた400ccのラグジュアリースクーター新型「バーグマン400 ABS」8月4日より発売する。←8月から発売されてたのか~ 😛

新型「バーグマン400 ABS」は、国内初の400ccスクーターとして1998年に発売して以来、高い走行性能や快適な乗り心地、洗練されたスタイリングで好評を得ている「スカイウェイブ400」の全面改良モデルである。このたび商品名も新たにスズキの大型スクーターのグローバルブランドである「バーグマン」に統一した。
洗練されたスタイリングと快適性を維持しながら、よりスリム、スポーティーで軽快な印象のデザインとし、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプにLEDを採用した。また車両全体で軽量化を図ることで操縦性を向上しながら、42Lの大容量シート下収納を確保した。低中速トルクを向上したエンジンは素早いスロットルレスポンスと、より力強い加速を実現した。

参照 SUZUKI HP

SKYWAVEといえば、シート下のスペースの大きさが半端ないイメージがある。現在、シート下スペースがゼロのバイクに乗っている身としては、このスペースの重要性は身に染みてわかる。

あと、ボディーサイズがデカい!!というイメージを覆していた。ネギボーが街中で見たときの第一印象は「コンパクト!!」でした。

ナンバープレートの緑の枠を見て、「あれで400㏄なんだぁ」と感じた。そこからじわじわと興味が出てきたというわけです。

さらに紐解いていきましょう

以下 SUZUKI HPより抜粋

新型「バーグマン400 ABS」の主な特長

デザイン

  • 「バーグマン・クーペ」をコンセプトにデザインされた、スポーティーなクーペのようなスタイリング。機敏な走りをイメージし、よりスリム、スポーティーで軽快な印象のフロントとリヤのボディデザインとした。
    1)LEDを採用したバーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプ
    2)エレガントさと軽快な印象を与えるシャープでスリムなLEDリヤコンビネーションランプ
    3)流麗なフォルムを引き立てる上向きにデザインされたマフラー
  • 車体色は、黒「マットブラックメタリックNo.2」、白「パールグレッシャーホワイト」の2色を設定。
シャドーネギボー
マットブラックがカッコよかった。何よりもコンパクトな車体に惚れた。それでいて400㏄という。乗りやすそう~。

装備

  • クッションを20mm厚くすることで快適性を向上したシート。
  • ヘルメットなどの用品を収納できる42Lのシート下トランクスペースと、グローブなどの小物の収納に便利なハンドル下左右のスペース。右側には12Vのアクセサリーソケットを装備。
シャドーネギボー
収納が多くて、便利な一台になることは間違いなさそうです。アクセサリーソケットがうれしい限り。スマホでナビしながら乗ると充電が大変ですもんね。

エンジン・車体

  • 低中速トルクが向上した399cm3DOHCエンジンにより、二人乗り時でも余裕のある走行を実現。
  • エアクリーナーボックスの容量を増やすことで、市街地での走行における素早いスロットルレスポンスとより力強い加速を実現。
  • スリムな車体や外装のコンパクト化など、車両全体で8kgの軽量化を実現したことで操縦性が向上し、特に狭い道などでの走行時に貢献。
  • シートとハンドルの位置を見直すことで、より快適でスポーティーなライディングポジションを実現。
  • スリムなシートと左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。
  • 15インチに大径化したフロントホイールによる高い操縦安定性。
シャドーネギボー
いつも思うんだけど、シートの段差がもう少しフラットになればなぁと思う。タンデムの際、後ろの人と目線が同じの方が安心感あると思うんだけどなぁ。シート下のスペース確保とか、いろいろ理由はあるんでしょうね。

動画で見てみましょう

最後に

ネギボーの勝手な感覚ではSUZUKIのバイクはリーズナブル!!というのがありました。

で。この【BARGMAN400】のお値段は...

799200円也。税抜きです。

決して、安くはないですなぁ~ 😳

乗り出しで80万円台か。あとチョイがんばれば大型バイクに乗れる価格。

この辺が400㏄の弱点なんですよね~。車検も必要だし。

大型免許を持っていれば、400㏄を選ぶメリットってあまりなかったりする。よっぽど気に入った車種があれば悩む必要はないけれど。

ミーヤキャットくん
買いもしないのによく語るね~
シャドーネギボー
ウッ!!痛いところを突かれたなぁ。こんだけ語るくらいバイクが好きということだ。

何はともあれ。街中で見たSUZUKI【BARGMAN400】はお世辞抜きでカッコよかったです 😎

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

こんな記事もありますよ


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ネギボー

ネギボー

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。ネギボーです。 また来てもらえるようなBlogを目指して楽しみながら書き続けていきます。

-バイク

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2018 All Rights Reserved.