カメラ・写真 デジモノ

【GoPro HERO5】が活躍するのはやはりココだ

投稿日:

スポンサーリンク




カメラ・デジモノ大好きなネギボー(@negiboarigatou)です。

やはり好きなモノの情報は即座に目に耳に付くもので、常に欲しいモノだらけで困りものです。

カメラ・スマホ・パソコン・その他...

まさにエンドレス。

そんな中、自分が持っているモノが活躍した時には…その衝動が少し収まるのを感じる。

あ〜このデジモノを買ってよかった〜。

よし!こいつをもっと有益に使い込んでやるぞ〜。

モチベーションが上がる。

最近そう感じたデジモノがこいつだ。

 

【GoPro HERO5】

Sony A7で撮影。このカメラもいいカメラです。

改めて...

買ってよかったアクションカメラだ。

買った当初は、活躍の場を見出す事に苦労したが、ようやくわかってきた。

苦労していた理由としては...

他のカメラと同じ目線で、構図を意識していたからという事に気がついた。

ネギボーがカメラで写真を撮る、撮りたいと思う瞬間は、主に動物・自然などの風景が中心である。

一度、その概念を取っ払って、逆の発想で攻めてみた。

GoPro HERO5の活躍する場

その場とはズバリ!!

人物撮影である。

人数は多いほどおもしろい&盛り上がる。

ネギボーはカメラで人物を撮影する事は稀で、普段のスナップショットは手軽なスマホを使っていた。

その手軽さに負けて、手持ちの一眼レフ機はほとんど使っていない。

とにかく。半ばしょうがなくスマホで撮る、いわばやる気ない写真である。

GoPro HERO5を持つ者。*自分です。

それがイカん!!

それを変えようと、いつも手元にあるスマホに手を伸ばすのをやめた。

人が集まる所、自分も写っちゃおうという場所にはGoProHERO5を連れていくようにした。

その結果...

ネギボーにとって。

人物撮影ほどGoProの本領発揮だと感じた。

そして。

持ち主よりも、周りの人たちがGoProに対する興味がすごい。

GoPro HERO5から搭載された音声コントロールが大好評のようだ。

そこら中で「GoPro 写真!」の声が飛びかっていた。

そして、撮った写真を見せると...

「うわぁーいい写真!!」

さらにGoPro HERO5の評価がうなぎ登りだ。

スマホの普及により、大勢の人が手軽に写真を撮る機会が増えた。

各SNSでも様々な写真が共有されて写真というものが、超絶一般的になっている。

そんなスマホでサクッと写真を撮ることが当たり前な時代こそ、GoProのようなカメラが大活躍するスキマが生まれてくる。

このちっさい愛くるしいボディーも、撮られる側の「撮られる」という意識を和らげるのか自然な表情を生んでくれる。

スマホで撮る、キメキメ自撮りは見飽きた感満載だから、GoProで撮る自然体な一枚は一味違う一枚になる。

大勢がうろちょろしているシーンでは、その場を動画に撮って、後で静止画に切り出せば自然体な一枚を撮る事ができる。

この際にタイミングを合わせてJAMPしたりすると、躍動感ある一枚が出来上がる。

いやぁ〜。GoPro HERO5の本領発揮できる場所が見いだせてよかったよかった。

↑地面に置いて「GoPro 写真!!」でみんなで円陣を組んだ一枚だ。

とにかくこの画角は無理じゃないか...という画角でもだいたい写真に収まるので頼もしい限りだ。

ワイワイガヤガヤできるカメラ

GoPro HERO5。

写真に特に意味はないが、ちっさく可愛かっこいいボディーを見ていると...写真を撮りたくなる。

スマホのカメラに飽きちゃった人、手持ちの一眼レフ機とは違った趣が欲しい人、その他一目惚れした人などなど...

このGoPro HERO5超絶オススメ致します。

発売当初(2016年10月)から約1万円安くなっているo(`ω´ )o

はぁ〜。

買ってよかった。

そう思うデジモノのひとつでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カメラ・写真, デジモノ

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 All Rights Reserved.