神品【チョコレートケーキ】その名は【WITTAMER ヴィタメール】

投稿日:

スポンサーリンク




こんにちは&こんばんは。

ケーキ大好きネギボー(@negiboarigatou)です。

流石に毎日ケーキが食べたい!とまでは言いませんが、たまにケーキバイキングに行ったりもします。http://negibo.com/2016/06/04/post-191/

頂きもののケーキで、ものすごいおいしさを放っていたチョコレートケーキがありました。

まさに神品。

「キングオブチョコレートケーキ」の名鑑を与えたい。

こちらでございます。

ジャジャン!

神品降臨!!我が人生で3本の指に入るおいしいチョコレートケーキだ。

WITTAMER ヴィタメール

ヴィタメールは1910年にベルギーの首都ブリュッセルで、初代アンリ・ヴィタメールが創業した洋菓子店。ベルギー王室の御用達として知られている。 1990年に日本に出店、ヴィタメールジャポンを設立。2007年12月1日の時点で、ベルギー本国以外で支店があるのは日本のみである。

引用 Wikipedia様

↑2007年の時点という事は10年前。現在はどうなんだろうか。

1910年にブリュッセルで創業された老舗チョコレートブランド。「選び抜かれた最高の素材で仕上げたおいしさを目の届く範囲だけに届けたい」という創業者、アンリ・ヴィタメールの言葉どおり、創業から80年間、グランサブロンの1号店のみでの取り扱いとなっていました。1990年の日本進出により日本人にも知られているヴィタメールですが、日本以外は他のどの国にも進出していない、実はレアなブランドです。ヴィタメールは現在でもベルギー国内ではこの1店舗だけで、こちらにはパティスリーやカフェもあります。

引用 ベル通

↑現在も日本以外の出店は無さそうだ。やるなぁ〜日本(о´∀`о)

このケーキを食べれてるのって、結構レアな事なんだな。

感謝感激。ありがとうございます。

WITTAMER ヴィタメール様。

公式ホームページはこちら

ショコラ・サンバ

これが【神品チョコレートケーキ】の正式名称だ。

その名の通り、チョコレートがサンバしているような味わい。この解釈で合っているかはわからないが、とにかく本気のチョコレート味!って感じ。

よーし!【開封の儀】をやってみよう♪(´ε` )

上質な紙袋の中で控えているショコラ・サンバ。

上質な外箱の中で控えているショコラ・サンバ。

はよ出てこいやぁ〜(о´∀`о)サンバしようぜ〜!!

外箱のシールをはがして、箱を開くと…出たぁ〜!!チョコレートが光っている。

このサイドを固めているツートンカラーの壁はパリッとした板チョコなのだ。これもうまし!

これがショコラ・サンバの全容だ。後は…食すだけ。レッツ!サンバ〜。

神品【ショコラ・サンバ】

サイドの板チョコを剥がすと中のチョコレートクリーム?チョコムース?な柔らかい部分が出てくる。

板チョコのあまりのうまさにもう1枚剥がしちゃおう!

見えてきた柔らかい部分をスプーンでクイッといただく。

 

うめぇ〜!!

 

 

ぬぉぉぉぉ!!

 

とまぁいろんなキャラクターになれそうな衝撃っぷり。

いやぁ〜世の中、まだ出会ってないおいしいものってまだまだあるんでしょうね。

このショコラ・サンバを食べた時に思いました。

ちなみにこのケーキのお値段と買える場所はというと…

公式HPより参照

↑ネギボーが頂いたのは直径10.5cmだ。

↑買える場所は東京、名古屋、大阪の各有名デパート。ベルギー本店!?この三ヶ所+ベルギー本店以外の人はネット販売もあるので要チェックなり。

詳しくはこちら→WITTAMER店舗リスト

ショコラ・サンバいかがでしたかぁ〜?

ちなみにわたくし。【WITTAMER ヴィタメール】をウイットアーマーと読んでました。

ハズカシィ〜。

神品チョコレートケーキがショコラ・サンバという名前なのもわかったし、ヴィタメールと読めるようになったし。

めでたしめでたし。

あ〜見てるとヨダレが出てくる〜。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 All Rights Reserved.