ありがとうの輪を広げましょう

ネギボーのありがとうBlog

雑記

寒さを防ぐ方法を考えてみよう

投稿日:

スポンサーリンク




吾輩は猫である。じゃなくて吾輩は冬が苦手である。

img_7791

暑いのはどれだけ暑くても平気なんだが、寒いと凍りついて身動きできなくなる。

気持ちは動きたいのだが、身体がいう事をきいてくれない…。

なぜなんだ。

これをどうにかしたい。

その辺ついてBlog記事にしながら、考案してみようと思う。

寒さは気から!?

気では負けない!と思ってても足先が冷たくなり、節々が凝り固まって、気づけば…背中が丸まって吾輩は猫状態になっている。

img_7792

体感的に寒っ!!と感じた時はだいたい気温が一桁の時が多い。

なのでそれを基準に立ち回れば口を開けば「寒い」ばかりじゃなくて済むかもしれない。

で猫背になった丸い背中を伸ばしてあげれば血流がよくなる。

そこで活躍するのがこれだ。

【TRIGGER POINT】でコロコロすると身体がほぐれて気持ちいい

先日、改めてこれで背中を伸ばしたら、気持ちよいのと同時に身体が温まるのを感じた。

家の中ではもっぱらこれである。

血行って大事だなやっぱ。

重ね着で対応だ

下はスパッツ着用は必須。足が冷えるとどんどん上にその冷えが襲ってきて、腰にきて、肩にきて首にきてと連鎖していくので気をつけたい。

img_7794

上はUNIQLOのウルトラライトダウンにお世話になりっぱなしである。下着かっ!!というくらい毎日着ている。購入時よりも薄っぺらくなったような気がする。

ガンガン洗濯機に放り込んでるから仕方ないか(。-_-。)

暖房器具に頼るか

冷房もそうだが、暖房が好きではない。

乾燥した空気をさらに乾燥させてノドがカラカラなってしまう。

夏に冷房を使わなかった様にまだ自宅にて暖房のスイッチをONにはしていない。

いつまでいけるか挑戦だψ(`∇´)ψ

ランボーが言ってた方法

劇中で寒さをしのぐ方法としてランボーが語っていたのを思い出した。

img_7795

死を感じる寸前、すなわち極限まで息を止めるんだ。

その状態を作ってから呼吸をすると自然に体温が上がる。

そんな感じの事を言ってた記憶がある。

そこまでサバイバルな状況ではない(°▽°)

それに自然に体温が上がるんじゃなくて、無理からあげてるし…

南国に行く

これは超理想だ。冬を南国で過ごす。もしくは南国に移住。

img_7796

自由に場所ごと越冬できれば、ホント理想だよなぁ(。-_-。)

想像すればするほど…

これやりたい。

寒いのが苦手を逆手に取り、どう行動するか…

まだまだ考える余地ありだな_φ(・_・

実現したい〜!

img_7150

祈ってても実現しないので、行動あるのみだな。

ない頭を使って今できる事は何か?

img_7144

とりあえずあったかいお茶を飲んでと。

この寒さに負けて、風邪なんか引かない身体を作り、健康に自分がやるべき事をやる!

これで完璧だ。

img_7200

それだけかーい(°▽°)

それだけとちゃうわい。

それをベースに自己をバージョンアップしながらいくんだ。

常夏の地を想像しながら。

よって考案の結果…

寒い冬は南国に行こう!

とまとまりました。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 AllRights Reserved.