つけ麺屋「やすべえ」やっぱうまいぞ!!再確認なり

投稿日:

スポンサーリンク




大体、お腹がすくタイミングの時は行列が出来てて、今度にするかぁとスルーしてしまう人気つけ麺屋さん。

『やすべえ』

かなりの有名店なのかな。これだけ人が途切れず常に満員なのは...。ネギボーは初めて行った時、前情報がなく、たまたま入ったまっさらの一見の客でした。

まだ食べる前、味うんぬんよりもやはり目を惹いたのがコレです。

20160723_110018

玉ねぎなんというシンプルな表記!!この壺を見た時にこの店、当たりだ!と思いました。

20160723_110028

↑パカッ!!おおっ!!シャッキシャッキの玉ねぎ様がご降臨。こういうサービス、玉ねぎ好きからすれば、ほんまにありがたい。それだけで通います。

改めて『やすべえ』の事を記事にする予定はなかったのですが、たまたま食す機会が訪れたのでそのタイミングに乗っかって書いてみようと思います。ところで...東京以外の店舗ってあるのかなぁ?Google先生〜教えてくださーい( ´ ▽ ` )ノ

http://www.yasubee.com/shop

image

↑おおっ!!大阪に進出してたのねー。知らなかったぁ。いつも満員御礼のやすべえ。

めちゃめちゃ儲かってんだろうなぁ〜(。-_-。)

と思いながら食べてます。そんなやすべえのつけ麺ギャラリーをお届けします。

やすべえギャラリー

20160723_110049

↑トリセツの様な解説書のような。待っている間に読むのに丁度よいです。

20160723_110105

↑ヒストリーオブやすべえなり。

20160723_110125

↑こだわりオブやすべえなり。

これらに目を通していると...。来たぁーϵ( 'Θ' )϶

20160723_110429

↑もちろん大盛りです。並、中盛、大盛りはすべて同じ値段です。特盛は+100円也。つけ麺と言えば麺を茹でた後、冷やすのが普通ですが、ネギボー的にはスープが冷めにくい温もりがオススメです。

20160723_110501

↑さぁここからはそれぞれの食べ方があると思います。ネギボースタイルはけずり節を適量ふりかけます。けずり節とは玉ねぎの壺の横にあるもう一つの壺です。

20160723_11014020160723_110147

↑けずり節です。魚介系が好きな方は是非放りこみましょう。

20160723_110546

↑そして。純白の玉ねぎ様を思い存分入れます。入れまくります。麺が温もりなので、けずり節と玉ねぎがその熱によって、とてもよく麺と絡みあうんです!これが冷もりだと絡みにくく、はじいちゃうんです。具沢山なスープには何も入れないで麺をスープに入れる時に自然に馴染んでいく食べ方がネギボースタイルです。

いつも行列の『やすべえ』の空いてる時間帯を探せ!!

空いている時間帯はないのか!?どうなんでしょうか...

たまたま通りかかった時間が開店と同時の11時。空いている!!めずらしい。開店一発目の客でした。やったぁー!!やっぱ開店時間付近は空いてるのかーと思いきやのんびりと味わいながら食べようと思ってたら...次々に入ってくるお客さん。ネギボーのテーブルにつけ麺が来た時には、席の半分は埋まってました。いつものやすべえの店内に早変わり。すごいなぁ。

そして完食後には満席。ゆっくりできる空気でもなかったので退席、出口には4名客が待ち中。そんな感じでした。

よって空いている時間帯...

ないと思います(´Д` )

思い返せば...12時を過ぎた深夜帯は比較的すぐに座れたんじゃないかなぁと思います。

いやはや。商売的には笑いがとまりませんなぁ〜きっと。

並ぶ事は避けれないかもしれませんがなかなかおいしいので、行ったことない方、東京でおいしいラーメン屋はどこか?な方は是非一度お試しくださいませー。

行こうと思ってた店が開店11時半だったので11時から開いてた『やすべえ』に飛び込んで生まれた今回の記事。タイミングっておもしろいですねー。今日は何を書こうかなぁと思ってたのよねー。

ありがとう〜やすべえ!!

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 All Rights Reserved.