ありがとうの輪を広げましょう

ネギボーのありがとうBlog

カメラ デジモノ

初めて手にするCanonのカメラ〜その名は『PowerShot G5 X』〜後編〜

更新日:

スポンサーリンク




初めて手にするCanonのカメラ〜その名は『PowerShot G5 X』〜前編〜
http://negibo.com/2016/06/28/post-476/

からの続きです。

ほぼほぼ『PowerShot G7 X』を購入しようと思い、購入日と設定した日に電気屋へと向かった。

ところが

触っちゃったんです。お隣の『PowerShot G5 X』に。

すると

妙にこちらの方に愛着が湧いてきた。ボディーの形がなんだかカワイイ。

内部の構成はほとんど一緒。

違うところは...

  1. 液晶画面の動作機構の違い
  2. タッチ液晶の有無
  3. USB給電の有無
この2と3の有無はでかい!特に3のUSB給電は出先で必ず必要になってくると感じました。

結果的に連れて帰ったのは。

PowerShot G5 Xとなりましたぁ〜。

PowerShot G5 Xとボディーケース

imageimage

imageimage

↑改めて見て。この独特のフォルムが大好きです。一眼レフ機をキュッとまとめた感じがカッコ可愛い。

image

↑液晶モニターもとても鮮明でキレイです。

imageimage

↑電源を入れるとウィーンとレンズが出てきます。フラッシュは手動(右画像)で作動開始。

image

↑ボディーケースはこれをチョイスしました。
https://www.amazon.co.jp/Herefind%E3%80%90%E5%85%A83%E8%89%B2%E3%80%91Canon-PowerShot-%E9%AB%98%E7%B4%9A%E5%90%88%E7%9A%AE%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BB%98/dp/B01A0O179S/ref=pd_lpo_421_tr_t_2?ie=UTF8&psc=1&refRID=3GC6BC0D3X4A3YCRZFHV

imageimage

↑リーズナブルな割にしっかりした作りでちゃんとボディーを守ってくれます。

imageimage

↑レンズ側、ファインダー突出部分も形状通りカバー。

image

↑裏側はソフトな素材を使用でやさしく保護。

imageimage

↑装着。首かけストラップも付属。これだけは素材がビニールみたいで安物感満載です。下側のボディーを受ける部分は強度があり安心です。

imageimage

↑全部装着するとこんな感じ。装着後の下側はボタン2つで留めます。真ん中のネジでボディーとカバーを固定。三脚のネジ穴もあり。

imageimage

↑多少、ラフにカバンに放り込んでても大丈夫です。

このボディーケースオススメです。

PowerShot G5 Xのいいところ

image

↑見やすいファインダー!!この小さいボディーののぞき穴からよくここまで鮮明かつ明るく見えるなぁと感心します。バリアングル液晶も使いやすいので、ネギボー的には使用頻度は高くないですが見やすいに越した事はないです。

20160627_133609

↑Wi-Fi接続がとても使いやすい。アクセス簡単、転送簡単、最高です。スマホで撮るかーて場面でもこのカメラを取り出す事が多いです。きっと転送しやすいからだと思います。

20160627_133736

↑リモート撮影もちゃんとフォーカス合致してくれます。ちなみに上の画像のカメラ正面がiPadの画面です。iPad上をタッチしてフォーカス合わせれます。

とまぁ他の機種にもある機能だと思いますが、全てにおいてそつなくこなせるカメラだと思います。

このカメラオススメです!

PowerShot G5 Xで撮った画像集

やっぱ気になるのはこのカメラがどんな写真をたたき出すかですよね〜(*☻-☻*)

image

↑夕暮れ時でも特に設定も必要なく撮れます。シャッターのキレ味もよいです。

image

↑夜景もホントサクッと撮れます。1インチセンサー、F値1.8-2.8の実力恐るべし。

image

↑飛行機からの景色です。小さいのですぐ取りだして撮影できます。

image

↑最大ズームの画像です。

image

↑この画角からズームしていくと。

image

↑こんな感じでズームしてもキレイに撮れます。

image

↑動物園でもCOOLPIX P900ほど迫力ある絵は撮りにくいですが、画質がいいのでトリミングするもよしです。

image

↑水面の波紋もみずみずしく写ります。このカメラで画質眠いなぁとはあんまり感じた事はないですね。

image

↑カメラ内には色んなクリエイティブモード的な設定があります。ちなみにこれは『トイカメラ風』での撮影です。

image

↑ダイヤルを「SCN」に合わせてタッチ画面で各モードを選択します。

imageimageimage

↑それぞれに特色があって、いろいろ試してみると面白いです。

PowerShot G5 Xというカメラ

手軽に持ち運び、室外、室内気にせずに撮影したい!
とにかくサクッとキレイに撮影したい!

そんな方は、買って後悔は無いと思うので是非お手に取ってみて下さい〜(^-^)/

image

ではここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カメラ, デジモノ

Copyright© ネギボーのありがとうBlog , 2017 AllRights Reserved.